転職サイトで巻き込まれがちなトラブルとは?

保育園看護師 → 保育園看護師-転職サイトで起こるトラブル

保育園看護師-転職サイトで起こるトラブル

転職の際に便利な転職サイトですが、実はトラブルというのも稀に起こってしまっています。事前に把握しておく事で避ける事ができる事も多いので、確認しておきましょう。まずは、転職サイトに登録すると担当してくれるアドバイザーの方の質が良くなかったという場合です。
訪問看護ステーションで働く

アドバイザーの方も新人の方もいて、そうした方は知識が不足していたり、アドバイスも不十分、やる気が感じられない方がいたりします。こうした場合は、その転職サイトの窓口に相談すると共に、あまり利用しない事をお勧めします。アドバイザーが頼りになるかという部分は感覚的な所もあるため、あなたが違和感を感じる場合は、他の転職サイトを利用する方が良いでしょう。

また、転職サイトのアドバイザーは、転職を検討している方に仕事を紹介し、転職を成立させる事でお給料を得ています。つまり、希望にあまり合わないのに、転職を無理に進めてくる可能性もあるという事です。

特に、早く人材を紹介してほしいと依頼されている企業の求人は、多少希望と合わないにも関わらず、お勧めですなどの言葉で紹介される事があり、トラブルの原因となっています。こうした場合もきっぱりと断り、それ以降同様の事があったり、前のケースと同様に信頼できないと感じたなら、利用を控えるようにしましょう。

アドバイザーは自分の考えに耳を傾けてくれて、親身になって一緒に転職を考えてくれる方を多く頼るようにしましょう。また、求人情報に記載されている条件と、実際の条件が異なっているという場合もあります。中には1年目は記載の条件での雇用で、2年目からは給料が下げられたというケースもあります。

これは非常に悪質な例ですが、高待遇の時は自分の身を守る意味でも、しっかりと確認を徹底していきましょう。また、こうしたトラブルを避ける意味でも、複数の転職サイトを利用するのは、とても意味があります。リスクを回避する意味でも、複数のサイトを利用しましょう。

看護師として老人ホームで働く

看護師が仕事をする職場は病院を思い浮かべる方が多いですが、最近は他の職場で看護師が仕事をする事も増えてきており、老人ホームでも看護師が多く働いています。最近は高齢化がますます加速しており、老人ホームに入居する方も増えてきています。

老人ホームに入居する方は基本は元気な方ですが、時に体調を崩してしまう事もあり、こうした時に医療的な知識や経験を持っており、すぐに対応ができる看護師がいるととても助かるのです。通常業務では入居者の方の健康管理の仕事が基本となりますが、介護の仕事も行うのが老人ホームの仕事の特徴です。

介護業務の中でも、入居者の方の体の起こし方など、看護師は医療的な観点から配慮した介護ができるため、最初から負担をかけない介護を行いやすいのです。また、健康管理業務にはバイタルチェックや入所者の方それぞれの薬の管理、点滴を行ったり、怪我をしてしまった場合はその処置を行います。

また、老人ホームでの仕事の大きなポイントに、コミュニケーションがあります。入居者の方と毎日接していく事になるため、日々のコミュニケーションはとても大切です。普段から身近な存在でいる事で、入居者の方に何かあった場合にもすぐに察知して対処する事ができます。

また、入居者の方からの信頼関係を維持するのにもとても大切な事なので、人と接する事が好きな方に向いていると言えます。病院よりも、より密なコミュニケーションが必要になります。老人ホームの特徴として夜勤が少ないという事が挙げられます。

老人ホームにも、夜間に症状が悪化してしまう方も時によってはありますが、基本的には介護スタッフがメインとなって夜間業務を行っているため、看護師は日勤のみの場合がほとんどです。どうしても看護師の方を呼ぶ必要が出てきた場合は、介護スタッフが看護師を電話などで連絡して呼ぶ体制を作っている事が多いです。そのため、昼間だけ働きたいという方にも働きやすい職場となっています。

手術室の前の看護師の術前訪問とは?