手術室看護師の大切な業務の一つ、 術前訪問とは?

保育園看護師 → 手術室の前の看護師の術前訪問とは?

手術室の前の看護師の術前訪問とは?

手術室で仕事をする看護師の業務のひとつに術前訪問というものがあります。手術を受ける前の患者さんはとても緊張していますし、やはり大きな手術になると上手くいくのか不安ということもあります。

また、自分の体にメスが入るなど、過度にイメージを持ちすぎてしまい、精神的に不安定になる方も多いです。看護師はそういった患者さんを手術の前に訪問し、手術に対する不安を和らげるという役目を担っています。

患者さんは医師に手術が必要という事が伝えられると、そこから同じ手術を経験した方の話を聞く事になります。どういった病気なのか、どれくらい重たい病気なのか、手術が成功する確率がどれくらいかなど、患者さんにとって大切な情報です。

こうした情報を得ておかないと、逆に病気を長引かせてしまったり、不安をさらに膨らませてしまうため、伝えられるのですが、それでもやはりショックを受けてしまう患者さんもいます。

そこで看護師は、術前訪問という形で手術に関しての情報を正確に伝え、患者さんと同じ目線に立って一緒に頑張って乗り越える手助けをしていきます。術前訪問は手術の直前の短い時間で行われます。

患者さんと看護師は初対面で、なおかつ15~30分ほどの短い時間でコミュニケーションを図りながら、手術についての情報提供と、患者さんの緊張を和らげるという事を行っていきます。ここは看護師のコミュニケーションスキルが大きく問われる所です。

手術については具体的にどういった流れで進められるかという事を伝えていきますが、この時に患者さんが安心できるイメージを持って貰えるようにすると良いでしょう。

どういった体制で行われるのか、痛みなどがある事があるのか、どれくらいの時間がかかるのかなど、具体的な事を伝えていきます。具体的な事が分かると、患者さんもイメージが付きやすくなり、安心に繋がります。そこに世間話なども織り交ぜる事で、さらに手術に対して気を紛らわせていきます。

看護師という仕事について

一般的に、ただ「看護師」と言った場合、「正看護師」を指している場合が多いです。他に准看護師という資格がありますが、正看護師は准看護師より上の資格だと言えるでしょう。

ただ、患者さんの立場からすれば看護師でも准看護師でも大きな違いはありません。病院などで入院をして看護師のお世話になったことがある人も多いはずですが、「この人は正看護師、あの人は准看護師」と考えて接している患者さんはほとんどいないはずです。

では、働く側にとっても違いがないのかというと、ここには大きな違いがあります。特に大きな違いとしていえるのは、正看護師のほうが担当できる業務内容が幅広いということです。正看護師のほうができることは多いので、様々な業務を担当したいと思っているのであれば正看護師を目指しましょう。

看護師の仕事は、医師と患者さんの間に立つ中間的な存在でもあります。確かに仕事の内容はハードですが、医師と患者さんの両方をサポートするために欠かせない存在となるわけなので、やりがいも大きい仕事だと言えるでしょう。

ただ、どこで働くかによってやらなければならないこと、やってもいいことが違ってきます。自分に合った職場探しをすることで、より自分らしく楽しく働くことができるはずです。

看護師の資格は非常に需要が多いため、資格を取得したあとは様々なところで活躍することができます。もちろん、病院以外にも働く場所はたくさんあるので、様々なところで患者さんをサポートしていきたいと思っているのであれば、看護師を目指してみるといいですね。

夜勤が多い病院もありますが、その分給与が高くなっていくわけなので、忙しい労働に見合った給料を手にすることができるでしょう。今後は更に看護師の需要が高まっていくと考えられているので、看護師を目指す人も増えていくとされています。

例え結婚や出産でブランクがあったとしても再就職しやすい資格となるため、就職に便利な資格を取得したいと思っている人にもおすすめの資格です。